荻窪駅前の泌尿器科・婦人科クリニック

萩窪西口クリニック 萩窪西口クリニック

メニュー

TEL.03-6383-5762
電話受付:平日9:00〜11:30・14:30〜17:30

泌尿器科 Urology

泌尿器科メインイメージ 泌尿器科メインイメージ

診療について
About medical treatment

加齢に伴うものから「がん」につながる疾患まで
男女それぞれ様々な病気が潜んでいるのが泌尿器疾患の特徴です。

「早めのご相談が完治の鍵」

泌尿器科の疾患は、対象となる臓器の形態が男性と女性とではかなり異なるため、泌尿器科で扱う疾患には、男性だけの病気と女性に多い病気のそれぞれがあるのが特徴的です。
また、泌尿器科の診療範囲はとても幅広く、夜間頻尿、尿道炎、前立腺肥大症、尿路結石といった加齢に伴う疾患から、男女問わず若年層に見られるクラミジア感染症、淋菌感染症といった性感染症も対象になります。
これらと症状が同じでも膀胱がん、前立腺がん、精巣腫瘍などの大きな疾患である可能性も秘めているのが泌尿器科疾患の特徴です。
軽い症状でも早めのご相談をおすすめいたします。

「一人ひとりにあったの診療を」

疾患の数が多い他にも、性別や疾患部位の関係で医師への相談が遅くなり大病を患う患者が多いのも泌尿器科の特徴です。
当院では患者さまが気軽に足を運んでいただき、お悩みをご相談しやすいように事前の問診を重要視しております。
また、当日検査結果のご説明ができる検査機器の導入と検査体制の他、性感染症などの一般的な疾患の治療経験が豊富な医師から、がん治療におけるロボット手術の執刀医師が専門的な知見をもとに、一人ひとりにあった検査、診療のご提供ができる環境づくりに取り組んでおります。

泌尿器科のお悩み Patient's trouble

このような症状がありましたら早めのご相談をおすすめいたします。

  • 頻繁に夜中に起きてトイレに行く
  • 尿が漏れる
  • 排尿に勢いが無い、尿が出にくい
  • 残尿感がある
  • 尿をするときに痛みがある
  • 尿に血がまじる
  • 尿検査で陽性(尿潜血・たんぱく尿)が出た
  • 尿道や股間の奥(会陰部)に不快感がある
  • 膀胱炎が治らない、再発するなど
  • 勃起不全(ED)

泌尿器科の主な疾患 泌尿器科の主な疾患 Urological Disease

当院では幅広い知見と様々な視点からお客様の症状に向き合います。

セカンドオピニオンについて
Second opinion

当院では地域医療連携による『がん』の早期発見とその治療にも力を入れており、 連携先病院のがん治療専門医の診療を、当院で受けることができます。

当院『かかりつけ医』が連携先病院の『専門医や執刀医』として

当院クリニックでは三鷹市下連雀にある『医療法人 實理会 東京国際大堀病院』との医療連携、セカンドオピニオンの強化に取り組んでおります。 当院の特徴として泌尿器科がん治療における連携先の専門医が外来を担当している日もあり、患者さまのケースによってはクリニックと連携病院の専門医師が連携して様々な視点から治療法の検討をいたします。 そのため、セカンドオピニオンの結果により、万が一の連携病院へご紹介、転院となりましても、患者さまのがご希望いただけましたらクリニックの担当医師が転院先でもご担当させていただくことが可能です。